T E C H N I Q U E

制 作 手 順

テンペラと油彩の混合技法 制作手順

①板に吸湿性下地を6回塗布し、
表面をサンドペーパーで研磨して
平滑にする
②デッサンをトレースダウンし、
墨または水彩の黒で輪郭や暗部を描く
③有色下地(油彩)を塗る
有色下地は、ローシェンナ、
バーントシェンナ、インディアンレッド、
又はグリーン系などを使用
(仕上がりに対し、補色系の色を選ぶ)
④テンペラ白で、明部や壁の模様などを、
描き起す
⑤それぞれの部分に固有色を塗る
固有色はそのものの色に近い色を使う
(半透明~不透明に使う)
⑥再度、明部をテンペラ白で描き起す ⑦固有色2回目
花びらの暗部を透明~半透明に塗る
光によって出来る透過と反射の色も加える
⑧固有色2回目の続き
ガラスの部分にガラスの色を透明に塗る
テーブルにも影の色を透明に塗る

⑨仕上げ
花のハイライトと暗部を描く
ガラスのハイライトと暗部も描く

⑩ようやく完成!

下地剤
体質顔料(炭酸カルシウムなど)と白色顔料(酸化チタン)等を
ニカワ水にふり入れ、混ぜて作る
(ニカワ水の代わりにアクリルメデュームで代用も可)

テンペラ絵の具
濃いめのダンマル溶液と全卵を使用、顔料は酸化チタン
(濃いめのダンマル溶液は市販されていないので、
ダンマル樹脂をテレピン又はペトロールで溶解して作る)

油メデューム
ダンマル溶液+スタンドリンシードオイル+テレピン又はペトロールで作る

(油絵具は市販のものを使用している)

※この様な、古典技法の材料はホルベイン等で発売されている


西 欧 絵 画 古 典 技 法

「テンペラとは?」
西欧絵画古典技法と私の技法について


この1ページを読むだけで、全ての絵画技法の根本がわかる!


全ての絵の具の原料は、顔料と呼ばれる色の粉です。

その顔料を油で溶いたものが、油絵具、卵で溶いたものが、テンペラ絵の具です。
ルネサンス時代に油絵具が発明されましたが、
それまでは、テンペラ絵の具が主流でした。

ボッティチェリの「春」や「ヴィーナスの誕生」はテンペラ絵の具による作品です。
ルネサンス時代の作品で油彩となっているものも、
実はテンペラを併用している場合もある様です。

テンペラは不透明で速乾性、
油絵具は透明で乾きが遅い特徴があり、
併用することによって、より自由な表現が可能になります。
当然、当時の多くの画家が併用したと思われます。

当時の油絵具は自作、またはお弟子さんが師匠独自の調合で作ったわけですから、
今の油絵具と違って、乾きの比較的早く、
緻密な描写も可能な調合であったと思われます。
レオナルド・ダ・ヴィンチは油彩を好んだようですね。


19世紀の産業革命により、油絵具は工業生産されるようになりました。
テンペラ絵の具は今でも画家が毎回自分で作ります。
私は白のみテンペラ絵の具を使用し、着色は市販の油絵の具を使用しています。


油絵具の油や、テンペラ絵の具の卵は、
画面への接着の役割をしていて、転色剤と呼ばれます。

水彩絵の具の転色剤はアラビアゴム、
アクリル絵の具の転色剤はアクリル樹脂です。

日本画では岩絵の具と言って日本独自の色の粉を使っています。
希少で高価なものも多く、転色剤は膠(にかわ)です。

西洋の顔料で特に高価だったのはラピスラズリー(青)で、
当時、金より高価でした。(現在もですよね? )


フレスコ画は壁画に使われるため、転色剤を使わずに描きます。

それは漆喰の壁が漆喰の機能を失わないため、また剥離を防ぐためです。
漆喰は湿度が高いと湿度を吸い、湿度が低いと湿度を放出します。

漆喰を部分的に塗り、水で溶いた顔料で、漆喰部分が乾かないうちに描き、
乾くと漆喰と顔料が一体になります。部分的に計画的に描いていきます。

最終的にテンペラで加筆することもあったようです。

レオナルド・ダ・ヴィンチはフレスコ画の表現力に満足できず(たぶん)、
湿気の多い場所の壁面に、油絵具で描いてしまったため、
「最期の晩餐」は完成して10年以内に剥離が始まったとか・・・。

修復を重ねて現在に至っています。


私が、なぜテンペラと油彩を使用し、
下地から古典技法に近い方法を用いているかというと、
その伝統的な技法こそが、
私が描きたいものを描きたいように描ける唯一の技法であり、
実際に500年の時を超える堅牢さを持っているからです。

田中恵子のホームページのTOPへ戻る